天才詩人こうやまあきらのブログ

詩集「こころえ」を売るためのブログです

人類最大の発明

 

火薬、羅針盤活版印刷を人類三大発明と呼ぶらしいですが、

ぼくは違うと思うのです。

ぼくが「人類最大の発明」だと思うのは・・・

 

さて、先日の手術後の経過を見るために病院へ。とくに、腫れや膿もなく順調に経過していることがわかりました。このままですと、後10日ほどで抜糸だそうです。ほっと一安心。

それにしても、こんな簡単に手術ができるのも、ひとえに「麻酔」のおかげではないでしょうか。この世に麻酔が無かったら、医療はどうなっていたのでしょう?とてもとても切ることなんて出来なかったはずです。麻酔によって救われた命はどれぐらいになるのでしょうか?そう考えると、麻酔こそ「人類最大の発明」だと思わずにはいられないんですよ。

 

<つづく>

 

トミージョン手術(?)

今日は首にできた出来物を取り除くために病院へ。
こんなもん、ちょちょんと切って、膿かなんかをぶしゅって出して終わりかと軽い気持ちでいたら、先週の打合せで先生が、「手術の日程は~」「今度の手術では~」「手術した後は~」などと「手術」「手術」と言うので、内心かなり焦る。
まあ、聞き違いだろう、なーんて現実逃避しながら受付で支払いしていたら、渡された予約カードに、はっきりと「22日→OP」と書かれていて、あきらかにこれは「OP(オペ)→手術」をやる気だとわかり心萎える。
そんなこんなで、どきどきしながら手術台へ(まあ、ふつうのベッドなんだけど)。恐怖の時間を得意の妄想で打ち消そうと、「そうだ、おれは、これから大谷翔平のようにトミージョン手術を受けるのだ。大谷がたくさんのファンの待つマウンドに、再び上がるために手術をしたように、おれも、たくさんのファンが待つこのブログを書くために手術するのだ。」と鼓舞しながら(妄想しながら)、麻酔で痛くはないけど不快なことこの上のない時間に耐える。
緊張で手術中、汗びっしょりになってベットを濡らしてしまい、「すみません、緊張で汗かいちゃいました(気が小さいくてすみません)」と頭をかいたぼくに、看護婦のおばちゃんが、「ふだんから、汗っかきなんでしょう」と笑顔で対応してくれる。その言葉の裏に、「そうじゃないでしょう、あなたは強い子だから」というやさしい心遣いが感じられて、気持ちが慰められました。見事、手術も成功(失敗する余地もない手術なんだけど)。後は明日の抜糸を待つだけです。

つづく

くたニャン写真館【その三】

誰から頼まれたわけではないけど、
どうーしても見せたくて見せたくて仕方がない、
「かわいいもの王宮」くたニャン殿下。
誰から頼まれたわけではないけれど、
そのかわいい姿をせっせとアップさせていただきます。
最終的には写真集でもできればいいんですけどね~


今日のくたニャン、お店のお仕事を(勝手に)お手伝い
<個別会計はご遠慮くだちゃいニャン
f:id:akira-kami:20190521124426j:plain


こころえ―神山倫詩集

こころえ―神山倫詩集

命のつぎに大切なモノ

 

命のつぎに大切なモノって何だろう?

財布、と、定期券、と、家の鍵、かな・・・

 

 

こころえ―神山倫詩集

こころえ―神山倫詩集

「オオクニヌシ」登場!

 

先週は北九州ヒラタ一家の四代目に向けてペアリングさせましたが、今週は国産オオクワガタ「古事記累代」のペアリングに挑戦です。

まずは、スサノオの娘スセリヒメの相手、「オオクニヌシ」選びから。古事記に登場する神様の中でも、最上位級に重要な存在だけに、そこは慎重に慎重を重ねて選びました。オオクニヌシの特徴といえば、何といっても全国の女神たちとの間に180柱もの子供をもうけたという稀代のイケメン・モテモテ男。当然、オスクワガタ選びもその点を一番に重要視しての選定となりました。

その結果、選んだのはこのオス。どうです、この横顔は?他の多くのオスたちに比べて、その横顔が圧倒的にかっこいいのです。憂いと知性を秘めた瞳、やや厚みのある頭部、長いツノ・・・どこをとってもモテルこと間違いなしの逸材です。面食いのスセリヒメも大満足してくれるでしょう。

 

 

f:id:akira-kami:20190519142206j:plain

 

・・・しかし伝承によれば、オオクニヌシの息子として古事記の国譲り神話に登場する「タケミナカタ」は第二正妻の「ヌナカワヒメ」の息子なんだとか。古事記の神話にのっとって、累代をするのが国虫会の主旨。なので、スセリヒメには申し訳ないのですが、ペアリングは ヌナカワヒメ役の別のメスにやってもらうことにしました。

 

二匹を同じ飼育ケースに入れてみると、ほらもう、この通り。イチャイチャし始めました。今夏はタケミナカタ候補の幼虫をたくさん産んでもらいましょう。

f:id:akira-kami:20190519193947j:plain

 

 

こころえ―神山倫詩集

こころえ―神山倫詩集

 

 

祝❗世界遺産Tシャツ

今日も神宮球場東京六大学野球観戦へ。この陽気に誘われたのか、あるいは、ぼくの知らないところで何か話題に挙がっていたのかわかりませんが、いつになく大観衆で埋まっていました。
さて、今日の観戦服はこれ。一月「仁徳天皇陵」へパワースポット巡りしたときに購入したTシャツ です。ちょうど旬なので着てみました。
いいデザインだと思うのですが、神宮前や総武線車内ではけっこう恥ずかしい視線を感じました(苦笑)

f:id:akira-kami:20190518124936j:plain



こころえ―神山倫詩集

こころえ―神山倫詩集

脱走名人

ガリガリガリッ❗

真夜中に響く謎のひっかき音・・・
何かが徘徊しているような、
何かがうごめいているような、
不気味な音が部屋に鳴り響いている・・・
勇気をだして、恐る恐る
その正体不明な音のもとをたどっていく・・・

そこにはー、

あー、おまえか⁉️

そこにいたのは飼育ケースから脱走していたコイツでした。


<あっ、みつかっちゃった(汗)
f:id:akira-kami:20190516215513j:plain


こやつらは、ほんと脱走名人。ちょっと目を離した隙にこういうことがよくあるんですよ。でも、気がつかないで踏み潰さなくてよかった。
思えば、脱走するのはメスがほとんど。外の世界に興味を持つ好奇心旺盛なのはメスのほうなのかも。そこは人間と同じなのかもしれません。



こころえ―神山倫詩集

こころえ―神山倫詩集

はじめての令和

 

取引先に送る案内状の日付欄に、令和元年5月16日って、はじめて「令和」と書いちゃった。

すっごいドキドキした。

 

 

こころえ―神山倫詩集

こころえ―神山倫詩集

 

 

自分に似合う色?

 

美しい季節のあるこの国に生まれてきたからには、その季節の折々を楽しみたい・・・
その季節の色にGショックを合わせて楽しみたい・・・

 
早蕨の萌え出ずる春=春色Gショック

 


日本は「四季」のある国と言われています。しかし、常日頃から、わたしは「正月」と「桜」と「梅雨」をあわせた「七季」の国だと主張しています。その精神性、歴史、文化からして、この三季はそれぞれ独立した季節であると考えているからです。賛同していただける方がいたら、周りにそのように吹聴してください。ともにがんばりましょう!

 

いつも服は、「自分が『着たい色』の服」を着ていました。周りから見て、その色が自分に合うかどうかは確かめたこともありませんでした。でも最近は、周りから見て「自分に『似合う色』の服」を着てみてもいいかなあと思うようになりました。客観的に見て、自分に似合う色って何色だろう?

・・・おそらく、おそらくですが、この「早蕨の萌え出ずる春色」ではないかと考えています。どうでしょうか?

f:id:akira-kami:20190428155217j:plain

 

 


こころえ―神山倫詩集

こころえ―神山倫詩集

くたニャン写真館【その二】

 

誰から頼まれたわけではないけど、どうーしても見せたくて見せたくて仕方がない、「かわいいもの王宮」くたニャン殿下。

誰から頼まれたわけではないけれど、そのかわいい姿をせっせとアップさせていただきます。

最終的には写真集でもできればいいんですけどね。

 

<ラムネぶろニャン

 のぼせちゃうニャン

f:id:akira-kami:20190422201021j:plain

 


 

こころえ―神山倫詩集

こころえ―神山倫詩集